むくみ豆知識|汗

むくみの原因としてはまず、水分代謝の滞りがあげられると思います。重力などにより足の細い静脈血管に水分がたまりやすくなってしまうのです。特に、同じ姿勢で長時間仕事をする人などはむくみを感じやすくなるでしょう。立ちっぱなしの仕事の人がむくみやすいというイメージがありますが、実は座りっぱなしの仕事をする人にも起こりやすいといえます。いすなどに座っているときはひざ下に体重による圧力がかかり、血管が圧迫され、水分がめぐりにくくなってしまうからです。飛行機に乗る人はエコノミー症候群という言葉をきいたことがあるかと思いますが、エコノミー症候群もまた座りっぱなしで狭い座席内で思うように動きにくいということがその要因の一つになっていると考えられています。むくみの原因は他にも塩分やアルコールの摂り過ぎ、冷え症や運動不足によるものなどさまざまな要因があげられます。
むくみを防ぐためには適度に動いて体の水分や体液のめぐりをよくすることが大切です。特に長時間同じ姿勢をとり続けるような仕事をしている人は定期的に軽い運動をするように心がけましょう。運動といっても激しいものではなく、屈伸をしたり、ストレッチをしたり、歩いたり、首や腕、足をまわしたりというような軽い体操のようなものでも構いません。
時間があるときやお休みの日など、余裕があるときには汗をかくような運動をするのもよいでしょう。そうした運動をすれば、体中の水分のめぐりがよくなり、体に溜まった余計な水分は汗として排出されます。こうした有酸素運動を定期的に取り入れることで、新陳代謝も高まり、体質的にもむくみにくくなるでしょう。
水分は主に汗や尿として排出されるため、むくみがひどい人は利尿剤などの薬の使用も考えるようですが、食べ物やサプリメントで対処する方法もあります。望ましい食べ物としてはスイカ、キュウリ、なしなどがあります。これらはカリウムを多く含む食材で、ナトリウムとの関係で体内の水分量を調節します。

むくみ豆知識|悩み

また、クエン酸やビタミンEはリンパや血液の流れをスムーズにする働きがあるのでこれらを多く含む食材もおすすめです。代表的なものとしては、梅干し、酢、ナッツ類、かぼちゃなどが挙げられます。たんぱく質の不足もむくみの原因になるため、肉、魚、豆類などのたんぱく質を含む食材も適量を摂取するようにしましょう。他にも新陳代謝を高め、利尿作用もあるといわれているハーブティーやお茶などもあります。ハト麦茶、どくだみ茶などが代表的なものとして挙げられます。

Comments are closed.