むくみ豆知識|悩み

特に女性にとって、むくみの悩みはつきないものです。 飲みすぎた翌朝は、顔が丸みを帯びてむくみますし、立ち仕事の日には夕方にはふくろはぎがパンパンです。顔全体だけではなく、まぶたとか、部分的なむくみも女性を困らせてくれます。こういた症状は、血液の巡りに伴うことが関係していて、静脈の詰まりであったり、リンパ液の滞りなどによって、顔や体にあらわれやすくなります。血中には水分がありますが、流れるべき水分が一定の場所に溜まっている状態です。

むくみの悩みの原因となっているのは、いくつもの要因が考えられます。塩分や当分の過剰摂取もそうですし、寝不足や睡眠不足も原因になります。体の冷えも良くはないですし、メンタル面ではストレスも大きく影響しています。女性の場合は、生理前にも起こりやすいですし、食生活の乱れで栄養バランスが鷹向いたときにもあらわれることがあります。不自然な姿勢で長時間を過ごすなどの負担も、肌にはパンパンな状態であらわれやすくなります。

そんな悩みは、さまざまな方法で解消へと導くことが可能です。健康という点も重要視して考えるのであれば、解消にも良い栄養を味方につけてみましょう。例えばカリウムの栄養成分も、解消に良い成分のひとつです。体内において活性化させる作用が働くため、溜まった塩分を排出させようと促す作用が働きます。カリウムを摂取することにより、体内に溜まった要らない水分を排出するので、適正な水分量を保つことができます。海藻類や葉物、豆類にも豊富に含まれます。

栄養素を味方につけるなら、ポリフェノールの成分も外すことができません。植物に含まれているポリフェノールは、苦味や色素の成分でもあります。体内に入ることで血液をサラサラな状態にしたり、抗酸化作用などもあります。赤ワインやココアにも豊富であることは知られていますが、ほかにも含む食材はいろいろあります。明日葉やブルーベリー、緑茶や大豆、カカオなどにも、たっぷりと含まれている成分ですから、摂取もしやすいでしょう。

サポニンの成分も、むくみ解消に一役買ってくれます。利尿作用があることで知られていますが、悪玉コレステロール排出の作用もあります。みずみずしいスイカや冬瓜などにも多く含まれています。ビタミン類も摂取したい栄養素で、ビタミンB1は糖質の分解をサポートします。血液もサラサラにしてくれますから、積極的に摂取したい成分です。かぼちゃや豆腐、豚肉やほうれん草にも豊富です。

むくみ豆知識|解消

むくみを解消するためには、入浴と食事がポイントです。まず入浴ですが、足のむくみが気になる人に適しています。足がむくむ原因は、体が冷えて代謝が低下している可能性があります。またストレスによって交感神経の働きが活発化して、筋肉が硬くなることで血流が悪くなることもあります。足のむくみを改善するためには、筋肉をほぐして溜まった老廃物を排出することが大切です。血行や代謝の改善に有効なのが入浴で、その中でも最も効果があるのは半身浴です。半身浴では38℃程度のお湯に胸の下まで浸かり、20分〜30分じっくりと体を温めます。最初の10分間は腰まで、残りを胸の下まで浸かるとさらに効果的です。また入浴剤にはゲルマニウムが適しています。ゲルマニウムには老廃物を出す働きがあり、半身浴と相乗効果を生みます。入浴の前後はしっかりと水分補給するように注意します。次に食事です。足のむくみだけでなく、体全体がむくんでいる場合は、水分の代謝が上手く機能しないことで、慢性的にむくみが生じていると考えられます。その主な原因は塩分の摂り過ぎです。夏場は熱中症を予防するためにスポーツ飲料を飲む機会が増えますが、これらには塩分を含むものがあるので、成分をチェックして必要な時以外は飲まないようにします。料理では塩分の代わりに、ごま油や酢など旨みを出す調味料を用います。カリウムは過剰摂取した塩分や水分を尿と一緒に排出させる働きを持っています。

むくみ豆知識|汗

じゃがいもやきのこ類、ほうれん草、スイカなどに多く含まれていますが、カリウムは水溶性なので長時間水にさらすと栄養が損なわるので調理法を工夫します。次にクエン酸を摂取すると良いです。クエン酸は疲労回復効果で有名ですが、代謝を促進するのでむくみの解消にも効果があります。クエン酸はサプリメントや粉末などで過剰摂取すると、熱っぽくなるといった副作用があります。よってレモンや梅干し、グレープフルーツといった食べ物から摂取すると、過剰摂取のリスクを回避できます。さらにビタミンEを摂取すると、血流を改善するので体内の老廃物を除去できます。ビタミンEはカボチャやアーモンド、ゴマに多く含まれています。ビタミンEの一日の摂取目安は、成人男性が7mg、成人女性は6.5mgです。ほとんどの人が通常の食事で補っているとされますが、日常的にインスタント食品を食べるなど偏った食生活の人は、意識して摂取するのが良いです。

Comments are closed.